高橋英樹がサンドウィッチマン事務所に移籍した理由 「娘が結婚とともに…」

高橋英樹が『しゃべくり007』に出演。サンドウィッチマンの事務所に移籍した理由を明かした。

俳優の高橋英樹が、6日放送のバラエティー番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演。

お笑いコンビ・サンドウィッチマンの所属する事務所「グレープカンパニー」に移籍した理由を明かした。


 

■サンド「うちの新人です」

番組では今回、サンドのふたりがグレープカンパニーの所属タレントを紹介していく企画を実施。ふたりの後継者だという東北出身のコンビや、お笑いを取り入れたマジシャンがイチオシの芸を披露した。

そのあと、所属3ヶ月でオファー殺到の新人として、芸歴58年の大ベテランである高橋が登場。

サンドが「うちの新人です」と紹介すると、しゃべくりメンバーから「何が新人だよ!」とツッコミを入れられた。


関連記事:中居正広が風俗で働くシングルマザーに助言 「子供は母親に対して卑しく思わない」

 

■サンドの事務所に移籍した理由

高橋はグレープカンパニーに移籍した理由を尋ねられると、「娘(高橋真麻)が結婚とともに、どこかに所属したほうがいいかなっていう」と説明。

そして、「娘が(グレープカンパニーに)行くってなったときに、俺も一緒に行こうかなって」と笑いを誘った。

また、今後の活動については、「バラエティーにも数多く出たいな」と言及。上田晋也から「充分出てらっしゃる」と言われるも、「もっともっと出たい」と意気込みを見せた。

次ページ
■高橋のノリの良さに称賛の声

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ