重盛さと美「昭和の男性は必要ない」とバッサリ その理由に波紋

『バラいろダンディ』重盛さと美が昭和の男性にクレーム。納得できる?

重盛さと美

7日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)にタレントの重盛さと美が出演。「昭和男」への不満を訴えた。


 

■「昭和の男性」は必要ない?

番組では、世の中の男性に対する不満をぶつけるコーナーを放送。重盛は「令和の新時代に昭和男は必要ない!」との持論を語る。

「昭和の男って、『男たるもの』とか言うじゃないですか。そういうのもういらないんですよ。もう男、女とかそういうのないです。人間は人間です」と訴える。


 

■「俺についてこい」は死語?

さらに「俺についてこい」という文言についても「死語です。もう使わないほうがいいです」と話すと、タレントの内山信二が「そういうの好きな女性もいる」と反論。

しかし、重盛は「どういう根拠があって言ってるんだろう?」とばっさり切り捨て、内山が「昭和の男は『まあまあ』って言葉が好きだからね?」と言うと、「ガサツ、下品」と嫌悪感を示す。

重盛の意見にスタジオの女性陣からは共感の声があがるが、男性陣からは否定的な声が相次いだ。

次ページ
■重盛の理想の男性は…

あなたにオススメ