高須院長、空き巣被害に遭うも「命取られなくてもうけた」 ネットでも安堵の声相次ぐ

高須院長がGW中に空き巣被害にあったことをツイート。しかしポジティブなその内容が話題に

エンタメ

2019/05/08 19:30

高須克弥

「高須クリニック」の高須克弥院長が8日に自身のツイッターを更新。GW中に空き巣に金品を盗まれてしまったことを報告し、話題となっている。


 

■金品取られても「命取られなくてもうけた」

高須氏は「警察の話では5月4日深夜の2時に三人組の男がバールで玄関の鍵を壊して侵入したらしい。へそくり全部取られた」とツイート。しかし「命取られなくてもうけた」と続けており、ポジティブに生きる高須氏の人格が滲み出ていた。

気になる被害総額については「SECOMとAMEXの保険対象のようだが、被害額は分からない」としている。

ツイッターで台湾に滞在していることが分かる投稿をしていたことから「自宅が留守だったことがバレていたのではないか?」という声も上がっているが、真相は明らかになっていない。


 

■「プロのお手並みに感服」

空き巣に入られてしまったというツイートに対し、どのような事後処理をするべきかフォロワーからリプライで送られてくるも、既に全て対処済みだったようだ。セコムの優秀さに「プロのお手並みに感服」と続けてツイートした。

次ページ
■泥棒に入られた経験は…

あなたにオススメ