サザエさん、豪華キャストで舞台化 「カツオがかっこよすぎる」と話題に

『サザエさん』が豪華キャストで舞台化。かっこよすぎるカツオ役に注目が集まる

エンタメ

2019/05/10 05:15

サザエさん

1月1日に発表された『サザエさん』の舞台化は豪華すぎるキャストで話題となった。その続報として、9日に公式ツイッターでカツオ役のキャストが発表され、注目を集めている。


 

■豪華すぎるキャスト

アニメ『サザエさん』は今年で放送開始50周年、2020年には原作者の長谷川町子生誕100周年の記念として発表された舞台サザエさん。2019年9月~10月に東京と福岡で公演される予定となっている。舞台では「10年後の世界」が描かれるという。

気になるキャストには、サザエ役に藤原紀香、マスオ役に原田龍二、フネ役に高橋恵子、波平役に松平健と豪華な顔ぶれが揃う。出演者第2弾としてカツオ役に荒牧慶彦が発表された。


関連記事:まもなく端午の節句! 意外と知らない「節句」トリビアクイズ

 

■カツオは10年後も坊主?

カツオといえば、特徴的なのが坊主頭。今回の舞台は10年後、つまり21歳のカツオということで、髪型にも注目が集まっている。ビジュアルの解禁は5月末とのこと。今回キャストとして発表された荒牧も、「坊主になるのか心配」とツイートしている。

次ページ
■「カツオがかっこよすぎる」

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ