最初はかわいいと思ったけれど… 度を越したやきもちの末路とは

誰にでも、やきもちを焼く気持ちは持っているものだ。しかしやきもちも度を越すと、ろくなことはない。

人間関係

2019/05/11 12:00

やきもち
(monzenmachi/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

軽いやきもちであれば、かわいく思われることもあるかもしれない。しかしあまりに嫉妬心が強いと、警戒されてしまうこともあるだろう。


 

■4割が「すぐやきもち焼く」

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,732名を対象に、「嫉妬心について」の調査を実施。

すぐにやきもちを焼くほうだグラフ

「すぐにやきもちを焼くほうだ」と答えた人は、全体で39.7%と一定数はいるようだ。


関連記事:笠井信輔アナ、『バイキング』本番中に携帯電話を鳴らす 失態に呆れる声が続々

 

■若い女性はやきもち焼き

性年代別では、10代から30代の女性に多くなっている。

すぐにやきもちを焼くほうだ性年代別グラフ

若い女性は、やはり彼氏にやきもちを焼いてしまうのだ。

「彼氏が女性のいる飲み会に行くときは、とても心配になる。彼氏は『俺のこと信用してないの?』と言ってくるけれど、そんな問題じゃない。


心配性すぎる性格のせいで、小さなことでやきもちを焼いてしまう。やきもちのせいで、彼氏に嫌がられるんじゃないかと思うほど。そんなことになったら、本末転倒すぎる」(20代・女性)

次ページ
■プライドが高いせいで

この記事の画像(4枚)


あなたにオススメ