いとうあさこら1泊2日どケチ旅に不満の声殺到 「どこがドケチ?」「セレブ旅だよ」

『春の三浦半島 あさこ梨乃真麻 3万円の節約どケチ旅』でいとうあさこ、かたせ梨乃、高橋真麻がどケチ旅に挑戦したものの…

いとうあさこ

11日放送『春の三浦半島 あさこ梨乃真麻 3万円の節約どケチ旅』(テレビ東京系)では、いとうあさこ、かたせ梨乃、高橋真麻の3人が節約どケチ旅に挑戦。

しかし「節約」や「どケチ」を強調しながらも、ひとり3万円という設定金額に視聴者から不満の声があがっている。


 

■同窓生の3人がどケチ旅に挑戦

東京の女子校御三家のひとつ、雙葉学園の同窓生でもある3人。かたせは1976年、いとうは1989年、高橋は2000年に同校を卒業している。

その3人が「ひとり3万円」の旅費を手に、江ノ島からスタートし三浦半島をぐるりと回り観音崎灯台を目指す。道中では名物の葉山牛と三崎マグロを食べる、ひとり約16,000円の宿に1泊することが旅のルールだ。


 

■視聴者は設定金額に不満

しかし、この設定金額に視聴者からは不満が続出。現地集合ではじまった1泊2日の観光にひとり3万円という設定金額は「全然どケチ旅じゃない」との指摘が殺到している。

宿代以外に使えるお金は約14,000円。午前11時から翌日夕方4時までの2日間で「それだけ使えるなら充分豪華」と感じた視聴者が多かったようだ。

次ページ
■実際に節約する場面も

あなたにオススメ