太田光と箕輪厚介氏、不登校ユーチューバーについて議論 「選択肢になればいい」の結論に異論も

小学校に通わずYouTuberとなった「ゆたぼん」くん。その是非を太田光と箕輪氏が議論

エンタメ

2019/05/12 14:00

太田光

12日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、宿題を忘れ居残りでやらされたことに不安を覚え、小学校に通わなくなりYouTuberとして活動を始めたゆたぼんくんについて太田光が独自の見解を示した。


 

■「本人が楽しんでいるならそれでいい」

「学校に行かずにユーチューバーってあり・なし?」という議題で編集者の箕輪厚介氏とともに議論を始めた太田は、

「本人がね、楽しんでるならそれはそれでいいと思うけどね。炎上するのはやっぱり、昔からちょっと生意気にこまっしゃくれたガキってのは、ちょっとむかつくんだよね」


と感想を語る。


関連記事:杉村太蔵の「スマホ学校持ち込み反対論」を『サンジャポ』出演者が嘲笑い、批判殺到

 

■箕輪氏は批判を「同調圧力」と分析

一方箕輪氏はネット上で「学校に通わないのはおかしい」という批判があることについて、

「同調圧力っていうか、みんなやってんだからお前もやれみたいな、そういうのが今回こんなにアレルギーのように学校行かないっていうだけでみんなが叩くって凄い面白いな。みんながやってんだからお前もやれっていうのがありすぎ」


と分析した。

次ページ
■学校に通っている子供にも人格がある

あなたにオススメ