国士館大学ラグビー部員、振り込め詐欺のリクルーター役の疑いで逮捕 ラグビー部監督に聞いた

国士館大学ラグビー部員が逮捕 ラグビー部監督から話を聞いた

社会

2019/05/12 18:30

ラグビー
(ellenamani/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

東京都小平市の高齢女性から現金をだまし取ろうとした疑いで、国士館大学ラグビー部の男が逮捕された。国士館大学ラグビー部監督を取材した。


 

■受け子のリクルーター役か?

国士館大学ラグビー部の男(20)は、仲間と共謀して小平市の80代の女性からキャシュカードをだまし取ろうとした疑いが持たれている。警視庁によると、今年3月に小平市内の住宅に電話がかかり、資産状況などを確認するいわゆる「アポ電」が多発した。

こうしたことから警察官が住宅街を警戒していたところ、不審な男がいたため警察官が職務質問。男はその際、振り込め詐欺の「受け子だ」と認めて逮捕された。その後の捜査で、この男の供述などからラグビー部の男の関与が浮上した。

男は受け子のリクルーター役で「友達を受け子に誘ったのは間違いありません」と容疑を認めている。


関連記事:270円の菓子万引きの警部補を逮捕 普段の担当業務に衝撃の声も

 

■他の部員は動揺している…

しらべぇ編集部は、国士館大学ラグビー部古田監督から直接話を聞いた。

「11日午前中に部員の逮捕の連絡が警察からあった。ラグビー部の活動はその時点から自粛している。12日には練習試合が予定されていたが、相手チームに断りを入れた。特に、4年生は最後のシーズン。就職活動中の部員もおり、動揺している」


「他の部員の中に、この事件に関わった部員が居ないか調査したが、今のところ出て来ていない。12日の朝のミーティングで現時点までに分かっていることは部員に伝えた。


関東学連には12日の朝報告を入れた。今後については、大学、学連と話し合いながら進めていく」と答えた。


■判別できないのか!?

ネット上では、非難の声があがっている。

「その年になって いいことも悪いことも 判別できないとは情けない」


「このような事件が起こるなんてショックです。ラグビーは、規律 を重んじる競技なのに。ラグビーW杯直前です」


ラグビーワールドカップ2019日本大会が、今年9月20日から始まろうとしているのにという意見も。


■詐欺被害は身近に

今回は、大学生が振り込め詐欺に関わっていた。しらべぇ編集部が全国の20代〜60代の男女1,400名を対象に調査したところ、全体の21.9%が「詐欺にあったことがある」と回答した。

詐欺グラフ
(©ニュースサイトしらべぇ)

大学の現役ラグビー部員が振り込め詐欺に関わっていた衝撃。今年9月からのラグビーワールドカップ日本開催。そして、来年には東京オリンピックが控える。スポーツ界全体でもう一度襟を正していく必要がある。

・合わせて読みたい→ベビーカー押す母親を足蹴りした男 「留年してむしゃくしゃ」との動機に非難轟々

(文/しらべぇ編集部・おのっち

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年1月20日~2017年1月22日
対象:全国20~60代の男女1400名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ