男性が選ぶのはどっち? 「上品な高嶺の花」と「ちょっとがさつな女性」

上品な立ち居振る舞いは、美しさを感じさせる。しかし品がありすぎると、近寄りがたいと思われることも…。

人間関係

2019/05/13 11:00

 

■男性はあまり品を求められない

一方で男性には、あまり品を求める人はいないようだ。

「ものすごく上品なわけではないと思うけど、引くほどに下品なわけでもない。いたって普通だと思う。そもそも自分に品があるかどうかなんて、考えたことがない」(30代・男性)


男性には品の代わりに、男らしさを求めるのだろう。

「親から上品にあるようにとは、言われたこともない。それはやはり、僕が男だからだと思う。その代わり、男らしさみたいなことを求められてきたのだろうけど」(20代・男性)


 

■品のある女性は高嶺の花

品のある女性には、魅力を感じる男性も多い。しかしお嬢様タイプなので、遠い存在に感じるようだ。

「上品な振る舞いには、やはり女性らしさを感じる。それだけ品がある女性は魅力的だけど、育ちもいいので高嶺の花って印象も否めない」(20代・男性)


少しくらいがさつなほうが、自分と合うと考える人も。

「上品すぎる人とは、こちらも気を張ってしまうから疲れると思う。僕もあまり細かいことに気を回らない性格なので、ちょっとがさつくらいのほうが合う気がする」(30代・男性)


品がなさすぎても評価が悪くなるので、難しいところである。

・合わせて読みたい→ドン引き! 食べ方や言葉づかいが「下品」な人たちの最低行動

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1,732名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)

あなたにオススメ