男女平等・女性の社会進出に戸惑う女性に意見続々 「悔しくない?」「女の敵は女」

「ガールズちゃんねる」では、「男女平等じゃなくても良いのにって思ってる人」のスレッドに多くの意見が寄せられている。

男女

2019/05/13 07:00

考える女性
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

昨年「世界経済フォーラム」が発表した「ジェンダー・ギャップ指数」(世界各国の男女平等度合いを指数化)では、日本は149カ国中110位との結果になった。

日本では1999年に男女が互いに人権を尊重しつつ、能力を十分に発揮し男女平等な社会を実現するための法律「男女共同参画社会基本法」が施行された。しかし、世界と比べるとまだ「男女平等」は遅れているということになる。

しかし、考え方は十人十色。男女で平等であることを特に求めていない人もいるのも確かだ。女性専用匿名掲示板「ガールズちゃんねる」では、「男女平等じゃなくても良いのにって思ってる人」とのスレッドが立ち、多くの意見が寄せられている。


 

■「男女平等」の声に戸惑い

「男女平等」とひとくちに言っても「法律上の扱い」「権利と義務」「職種」「社会的地位」など、視点や考え方は様々だろう。

投稿者は「男性に混じってバリバリ仕事をしたいとか、出世したいとか、お茶汲みは嫌だとか全く思いません」「事務所の引越しなどの力仕事から外されても腹も立ちません。ありがたいとすら思っています」との意見のようだ。

そのため、「最近は何でも平等! 女だって社会進出したい!」との声に戸惑いを感じているといい、意見を募っている。


関連記事:男女の友情は成立する!? ある派となし派の意見をまとめてみた結果…

 

■「優遇されていることも」「女の敵は…」

多数の意見の中には、体の大きさなど性別の違いによって役割があるのも仕方ない、との意見や女性が受けている優遇を忘れてはいけないとのコメントが寄せられている。なかには「女の敵は女」との声も。

「得意不得意は性別関係ないこともあるけど、体の大きさ、力の強さは性別での違いもある。それに応じた仕事や役割があるのも仕方ないと思う」


「女性専用車両とか映画のレディースデーとか、バイキングで女性はかなり安く設定されてることもある。声をあげることは必要だけど、優遇されてることもあることも忘れちゃいけないと思う」


「バリバリ働きたい人の事は尊敬するけど、専業主婦を『そういう人がいるから、男女平等にならない』みたいなこと言われたときは、女の敵は女だと思ったよ」

次ページ
■「声を上げ続けていかなければ」

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ