『サザエさん』フネが母の日に放った言葉に感動の声 「グッときた」

『サザエさん』母の日のエピソードに感動の声があがる。フネはまさに理想の母親?

サザエさん

13日放送の『サザエさん』(フジテレビ系)で「母の日」に関するエピソードを放送。その中で母・フネが放った言葉に感動の声があがっている。


 

■「母の日の贈りもの」

母の日に向けて、フネに何をプレゼントするか迷うカツオ。しかし、お金がないことから、フネの家事を手伝って感謝の気持ちを貯める「お手伝い貯金」をすることに。

そこから毎日フネの家事を手伝い、ときにはサザエにいいように使われながらも感謝の気持ちを贈っていく。


関連記事:あばれるくんが美人妻の写真を公開 女優並みの美貌に「戸田恵梨香かと思った」

 

■「母さんにとっては毎日が母の日」

すると、フネは「母の日だからってわざわざ贈り物を考えてくれなくてもいいんだよ」とカツオに話す。

サザエとワカメが「でもせっかくの母の日だもの」「年に一度のことよ」と言うが、フネは「母さんにとっては毎日が母の日なんだから。あなたたちが生まれた日から毎日が母の日なんだよ」「みんなが元気でいてくれたら、それが一番うれしいよ」と笑みを浮かべる。

そんなフネを見て「やっぱり花を贈りたい」と思ったカツオは、友人らとお金を出し合ってカーネーションの花束を購入。母親にプレゼントしたあとすぐ返却してもらい、次の友人の母親にプレゼントする「花束シェア」で感謝の気持ちを伝えるのだった。

次ページ
■フネの言葉に感動

あなたにオススメ