佐藤浩市、出演映画めぐる発言が物議 「安倍首相を揶揄?」「なにが問題なのか」

映画『空母いぶき』をめぐるインタビューが、ネット上で「安倍首相の持病を揶揄しているのではないか」と物議を醸している。

佐藤浩市

24日公開予定の映画『空母いぶき』について、出演者のひとりである俳優・佐藤浩市(58)のインタビュー中の発言が、「安倍晋三総理大臣の持病を揶揄しているのではないか」とネット上で物議を醸している。


 

■「お腹の弱い設定」に変更

インタビューが掲載されているのは、販売中の漫画誌『ビッグコミック』。

同作にて自身が演じる内閣総理大臣・垂水慶一郎役について聞かれると、佐藤は「彼はストレスに弱くて、すぐにお腹を下してしまう設定にしてもらったんです」などとコメント。

さらに、「だからトイレのシーンでは個室から出てきます」と、作中のディティールについても語った。


 

■「お腹の弱い総理大臣」と言えば…

このインタビューを撮った画像がネット上にあがると、人々の頭には安倍首相の顔が浮かぶことになった。

安倍首相は国が定めた指定難病・潰瘍性大腸炎を長らく患っていることで知られており、2007年にはその症状が原因で、一度首相を辞任。

次ページ
■賛否両論の声

あなたにオススメ