藤崎マーケット、『ten』大炎上受けてツイート その内容に反響相次ぐ

「性別がわかりにくい一般人の人の胸を触るなどして、男性か女性か確認する」という企画が炎上した『かんさい情報ネット ten.』(読売テレビ)。藤崎マーケットのふたりが揃ってツイッターで謝罪した。

テレビ
(gpetric/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

13日、お笑いコンビ・藤崎マーケットの田崎佑一とトキが、それぞれのツイッターを更新。

出演したコーナーが差別的であるとして、問題になっていた番組『かんさい情報ネット ten.』(読売テレビ)での振る舞いについて、それぞれ謝罪した。


 

■問題となった「性別確認」のコーナー

問題となったのは10日に放送された企画。その内容は、「見た目で性別がわかりづらい一般人の人に対し、リポーターである藤崎マーケットが身分証を提示させたり、胸を触るなどして男性か女性か確認する」というものだった。

コーナー直後、番組内でコメンテーターである作家の若一光司氏が「許しがたい人権感覚の欠如」「どういう感覚ですかこれ、報道番組として」「たとえ御本人がテレビに出ることを了解していたとしても、個人のセクシャリティに対してそういうアプローチをすること自体が人権感覚、人権意識に劣ります」などと激高。

番組の制作姿勢を厳しく糾弾すると、その様子をおさめた動画がネット上で拡散。全国区の問題となった。


 

■トキ「違和感には気づいておりました」

トキは「皆さまへ」と綴り、メモ帳アプリのスクショを添付。

「期待に応えようと張り切ったことがスベった上に人を傷つけてしまいました」と切り出すと、「違和感には気づいておりましたのでその場でカンペに口出すか編集にも立ち会うかすべきだったと今では後悔しております」と反省の意を表した。

次ページ
■田崎も猛省「止めるべきだった」

あなたにオススメ