ふるさと納税4自治体が除外 「仮想商店街立ち上げ」公表のみやき町長を取材

とうとうふるさと納税除外自治体が出てしまった 衝撃を受ける各自治体を取材した

話題

2019/05/15 17:40

総務省は4自治体をふるさと納税から除外することを、正式に発表。除外対象になった自治体を取材した。


 

■4自治体を除外に…

総務省は過度な返礼品で多額の寄付金を集めたとして、佐賀県みやき町、大阪府泉佐野市、静岡県の小山町、和歌山県高野町を、6月から始まるふるさと納税制度から除外すると正式に発表した。

総務省はその理由として、昨年11月から今年3月までに50億円以上集めた自治体を対象から外したと説明。

菅官房長官は、「総務大臣からの要請に対応しなかった4つの地方自治体については、やむをえない措置と考えている」と会見で述べた。また、北海道の森町など43の自治体は今年9月までの4ヶ月限定という期限付きで認められるという事態に。


 

■仮想商店街を立ち上げ

みやき町の末安町長は、しらべぇ編集部の取材に対して詳細に答えてくれた。

「まず総務省の決定は真摯に受けとめる。しかしみやき町の名が全国の皆さんに忘れ去られないように、インターネット上にみやき町の仮想商店街を7月を目途に立ち上げる。


ここで、みやき町の特産品である佐賀牛、無農薬栽培の米、そして野菜、また地元業者を使って家電なども出品する予定。町民は制度から除外されたことを心配している。しかし、基金を充分に積み立てており、町民の生活には全く影響はない。


除外される1年をかけて、みやき町のふるさと納税に対する取り組みをバージョンアップさせて、また来年復帰したい」


と熱く語る。

次ページ
■「覚悟はしていたが残念」

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ