この夏、口の中に地獄の門が開く! モス史上「最も辛いバーガー」を試食してきた

モスバーガーから世界最上級の唐辛子を使った挑戦的なバーガーが新発売。しらべぇ編集部では一足お先に試食してきた。

グルメ

2019/05/16 10:00

モスバーガー

モスバーガーといえば、新鮮なお野菜を使ったハンバーガー、ヘルシーな菜摘バーガー…などなど、美味しくて健康にもやさしいメニューが人気。

しかし、今回は世界最強クラスの辛さを誇る唐辛子を使用したハンバーガーを23日から新発売するという。なぜだか急なSっ気を発動したモス本社へ、辛いものが苦手な記者が試食に訪れた。


 

■悪役レスラーみたいな名前の唐辛子


モスバーガー

試食会場のポスターには、「トリニダード・スコーピオン・ブッチ・テイラー使用 」とある。いや、なんですかこのめちゃくちゃ強そうなプロレスラーみたいな名前。

「もう絶対ラリアットとかで一発KOでしょ。赤いパンツはいてヒゲモジャで有無を言わさずノックダウンさせるやつでしょ?」と記者は震えた。


 

■命がけの開発

モスバーガーはこれまでも辛いハンバーガーを発売してきてはいるが、今回の『激辛テリヤキチキンバーガー』に使われている、『トリニダード・スコーピオン・ブッチ・テイラー』はハラペーニョの約300倍の辛さで、モス史上最も辛いバーガーだそう。

担当者によると、何度もこの辛さを摂取し続けると舌が壊れてしまうくらいの感覚を感じたり、また身体が拒絶するのか試食後は疲労を感じたりと、開発は困難を極めた様子。まさに命がけで開発されたバーガーだ。

試食前に広報担当者も「覚悟をもってご試食ください」と、取材陣に脅しをかける。

次ページ
■この下に悪魔が…?

この記事の画像(8枚)

あなたにオススメ