なぜラーメン店に音楽家「メンデルスゾーン」の名前が? お店に聞いてみたところまさかの…

ラーメン店のカウンターのに貼られた「メンデルスゾーン」の文字。それを投稿したツイートが話題だ。

グルメ

2019/05/16 15:40

結婚式で花嫁がヴァージンロードを歩く際に流される『結婚行進曲』の作曲家として、あまりに有名なメンデルスゾーン。ドイツ・ロマン派を代表する音楽家のひとりだが、なぜかその名前がラーメン店のカウンターに掲げられ、話題を呼んでいる。


 

■お店の人に聞いてみた

そのラーメン店は、岡山県備前西市にある「ラーメン太郎」。この店のカウンターを撮影したツイートが、16日現在、約2万6,000件のリツイート、約5万2,000件のいいねを集めているのだ。この訳を直接店に取材してみたところ…

「ここからラーメンが出てくるのですが、普通じゃつまらないので、ダジャレを考えました。『麺がでてくるゾーン』だから、メンデルスゾーンなのです!」


とのこと。クラシカルは背景があるのかと思いきや、まさかのダジャレだった…。


関連記事:埼玉県トップクラスの人気を誇る煮干ラーメン店『煮干乱舞』が激ウマ

 

■「レモンラーメン」が人気

なかなかのギャグセンスだが、この店は味についても個性とこだわりが光る。

人気の「レモンラーメン」は、とんこつスープの麺にレモンがのっていることで、とんこつラーメンにありがちなギトギト感がない。さっぱりしている新感覚が人気の秘密だ。他にも、肉がたっぷりのっているチャーシューメンも好評だという。

平日の昼間はサラリーマンで賑わっており、土日は家族づれなどで行列ができることもある人気店だ。

次ページ
■ギャグのオンパレード状態

この記事の画像(3枚)


あなたにオススメ