動画配信のために「虚偽の119番通報」で逮捕 札幌市消防局を取材した

動画配信のためにうその119番通報で男が逮捕 札幌市消防局への取材によると…

話題

2019/05/17 12:00

救急車
(gyro/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

動画配信のために「お腹が痛い」などと虚偽の119番通報をした、札幌市の男が逮捕された。男は「酒に酔っていた」と話している。


 

■男を現行犯逮捕

札幌東署は16日「頭痛や腹痛がある」とうその119番通報をしたとして、札幌市に住む無職の男(30)を偽計業務妨害の疑いで現行犯逮捕した。調べに対して「動画配信のためにうその通報をした」と話しているという。

しらべぇ編集部は札幌市消防局の取材を実施。指令課によると朝9時から計4回通報があったそうで、救急隊が到着すると男は毎回搬送を拒否した。

札幌市消防局管内では、緊急を要しない119番通報が多数かかってきているらしく、平成30年度の119番の総件数が14万1,354件。そのうち、いたずら通報は820件とのこと。


関連記事:夫が手作り弁当をこっそり捨てていた… まさかの主張に妻は激しく困惑してしまう

 

■通報がひっきりなし

札幌市消防局には119番回線が24回線ある。北海道大震災の時は指令課39人で対応にあたったが電話が鳴りやまない状態が続いた。それについて札幌市消防局はこのように語る。

「緊急の必要性のない相談やいたずらの119番は、やめてほしい。緊急の方のために119番回線はあけておきたい。緊急を要する方が、万が一でも119番が繋がらないという状況は避けなければならない」

次ページ
■「情けない」の声