TOKIO城島茂、ジャニー社長から「いつまでいるの?」 まさかの一言に同情の声

V6の坂本昌行が『VS嵐』に出演。TOKIOの城島茂が、ジャニー喜多川社長から言われた「まさかの一言」を明かした。 

城島茂

V6の坂本昌行が、16日放送のバラエティー番組『VS嵐』(フジテレビ系)に出演。

TOKIOの城島茂が、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長から、「まさかの一言」をかけられていたと明かした。


 

■ジャニーズ事務所あるある

「ジャニーズ事務所あるある」を出し合った嵐のメンバーと坂本。相葉は「ジャニーズの人はみんなバク転できるって、あれウソだよね」と話し始めると、櫻井翔は「都市伝説だと実証されたのは俺のおかげだと思うよ」とドヤ顔を見せるなどしていた。

その流れで、ジャニーズの合宿所についての話題に。櫻井は「僕らのときと坂本くんたちの世代の合宿所事情は違うかもしれないですけど…」と、全員が合宿所に入っていたのかを尋ねる。


関連記事:TOKIO城島、最後にキスしたのは出かけるとき 「喋っていいの?」と驚きの声

 

■ジャニー社長から「まさかの一言」

坂本によると、合宿所に入っていた人のほうが少なく、彼自身も入っていなかったそうだ。しかし、TOKIOの城島だけは関西から上京してきているため、ジャニーズJr.時代から合宿所に長く住んでいたという。

すると、あるとき、城島は、ジャニー社長から「YOUいつまでいるの?」と、まさかの一言をかけられていたこともあったそうだ。二宮和也は「ジャニーさん次第でしょ、それは」と相槌を打っていた。

次ページ
■ネットでは城島に同情の声も

あなたにオススメ