エアガンで児童を撃つ「いじめ動画」が拡散中 学校・教育委員会を直撃取材

小学生が児童をエアガンで撃ち付ける映像が拡散中 当該校・教育委員会を取材した

話題

2019/05/17 20:00

いじめ
(spukkato/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

最近、不祥事で逮捕される教師が相次いでいるが、今度は児童たちによる集団いじめが起こった。当該生徒が所属している小学校、そして教育委員会を取材した。



 

■撃った本人が画像をあげた

足立区教育委員会によると、倒れ込む児童にエアガンを撃った児童は、足立区の小学校の6年生の男児。撃ち付けられた被害児童は、同じ区内の小学校に通っている男児だ。

この映像を撮影したのは、同小学校の6年生で、撃った児童本人がネット上にその映像をアップ。なお、他にも他校の児童4名が関わっていた。

この問題の発生が15日。動画が拡散したのを学校側が確認したのが16日夜。その日に加害児童の家庭に学校側が連絡したところ、「そうですか」という反応だったそうだ。


関連記事:小6女児が複数児童から暴力 心をえぐる「もう死ねば」発言に怒りの声

 

■当該校を直撃取材

しらべぇ取材班は17日朝、小学校を直撃取材した。午前8時にもかかわらず、その時点で校長は出勤しておらず、対応した女性教諭は「困っています」と答えた。また、教頭は体調不良で欠勤。教務主任は取材に対して、言動が二転三転し全く危機対応が取れていない状態だった。

その後、足立区教育委員会を取材。教育委員会が一連の事実確認が出来たのは、14時半ごろ。教育委員会は取材に対して、

「被害生徒はふざけていたと話しているが、いじめと認定した。今後、当該生徒の親と連絡を取って対応していく。スピード感を持って調査を進めていきたい」


と回答した。

次ページ
■「世も末」の声も