プラネタリウム風照明にOB・金栗四三展 筑波大の「斬新な企画」が話題に

筑波大学の「ロマンティック」なプラネタリウム照明が話題に 大学に聞いてみた

話題

2019/05/18 15:20

(画像提供 筑波大学)

筑波大学が設置した、プラネタリウムを彷彿とさせるロマンティックな照明が今話題だ。これに関するツイートは17日現在約47,000件のリツイート、約178,000件のいいねが押されている。筑波大学を取材した。


 

■四季をイメージしてもらえるように

茨城県つくば市にある筑波大学は、革新的な大学としても有名。さまざまな研究も盛んで、日テレ系『news zero』のコメンテーターも務める落合陽一准教授の授業などが人気を集める。

そして、プラネタリウムを思わせる照明がある場所は大学の2B棟の中二階。照明のスイッチには季節と星座の名前のシールが貼られている。

(画像提供 筑波大学)

そのスイッチを押すと、その星座の形をイメージさせる照明が光るという仕組み。大学の広報課はしらべぇ編集部の取材に対して、

「平成26年度の建物リニューアル工事の際に、整然と配置するのではなく、四季をイメージしてもらえるようなデザインとした。星座の方位と建物の方位も合わせた」


と話す。なかなかのこだわりだ。


関連記事:夫が手作り弁当をこっそり捨てていた… まさかの主張に妻は激しく困惑してしまう

 

■他にも興味深い企画が

筑波大学では、その他にも興味深い展示が行われている。今年のNHK大河ドラマ『いだてん』の主人公は、「日本マラソン界の父」金栗四三。彼が卒業した東京高等師範学校は、筑波大学の前身だ。

そこで、学内では、ドラマ放送を記念して『嘉納治五郎・金栗四三 特別展』を開催している。会場では、金栗が練習用に履いていた足袋なども展示されている。

次ページ
■「粋すぎる」と好評

この記事の画像(3枚)


あなたにオススメ