猫がなぜニャーと鳴くかチコちゃんが解説 かわいすぎる理由にネット民興奮

『チコちゃんに叱られる』で猫が「ニャー」と鳴く理由を解説。そのかわいらしさにネット民興奮

エンタメ

2019/05/18 05:00

チコちゃん

17日に放送された『チコちゃんに叱られる』(NHK)で、扱われたテーマのひとつ、「なぜ猫はニャーと鳴くの?」へのチコちゃんの回答がネットで話題となった。猫が「ニャー」と鳴くのには、意外でかわいらしい理由があったというのだ。


 

■原種はかわいく鳴かなかった

番組の回答は「そこに人がいるから」という。本来、大人の猫が猫に対して「ニャー」と鳴くことはなく、子猫だけが「ニャー」と鳴くようだが、人に飼われることで大きく変わったようだ。

現在、飼われている猫はイエネコという種類で、祖先はリビアヤマネコだという。本来、リビアヤマネコは単独行動をするため、他の猫に対してニャーとかわいらしい声で鳴くことはないようだ。

鳴く時は他の猫を威嚇や発情している時だけで、そういった時はもっと低い声で鳴くという。元々リビアヤマネコが「ニャー」と鳴くのは子供の頃だけで、「構ってほしい」「餌がほしい」時に親猫に向かって鳴くと解説。


関連記事:チコちゃんが「タコスミを食べない理由」を解説 意外な答えに納得の声も多数

 

■人に甘えるために…

しかし、飼われている猫は、人と共存するために大人になっても人に向かって「構ってほしい」「餌がほしい」場合に、大人子供問わず「ニャー」と鳴く。人に餌をもらう、甘えるためにかわいらしい鳴き声を上げるようだ。

ちなみに、子供の頃からの性質を大人になっても持ち続ける動物を「ネオテニー(幼形成熟)」と呼ぶそうだ。ネオテニーは頭蓋骨をはじめとした骨の形がほとんど変わらないという特徴を持ち、人間もそれに当てはまると解説した。

次ページ
■「かわいい!」と歓喜の声

あなたにオススメ