高橋惠子はゴキブリを説得できる!? 松本人志「否定するのしんどい」

大女優・高橋惠子が虫や草木と話せるエピソードを披露。松本人志がお手上げ状態になる展開へ。

エンタメ

2019/05/18 11:00

(画像提供:『ダウンタウンなう』©フジテレビ)

17日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ・関西テレビ系)の人気コーナー「本音でハシゴ酒」では、高橋惠子やその娘が登場。ダウンタウンと坂上忍と飲み友達の田中みな実が、高橋の虫と話せるエピソードで盛り上がる。


 

■高橋の娘がリーク

(画像提供:『ダウンタウンなう』©フジテレビ)

実はプライベートでは、かなり不思議系なエピソードに事欠かない高橋。『ゴキブリを説得した時の話』を披露する。

「出ていってもらいました。家にゴキブリがいたんですよ。そしたら、みんなキャー!とか言ってたんです。


だから『申し訳ないけど、ウチでは住んでもらう事はできない。外行ってくれる?ね?』と言って、ティッシュに包んで『ごめんね。外でね』と言いながら外に…」


松本人志は、「いや、ちがう。ゴキブリ、外に投げた話!」と大爆笑。だがリークした高橋の娘もかなりの天然不思議系である。

このエピソードを聞いてもなお、「母は虫と話ができると信じています」と語り、乗っかる形で高橋が「娘は子供の頃、あたしを妖精だと思ってた」と言いだす展開へ。松本も思わず「やべぇ親子…」とぼやく。


 

■「草木とも話ができる」

虫会話エピソードですでに不思議成分は盛り沢山だが、虫だけではなく草木とも話ができると語り出す高橋。

「植木とかには、もちろん語りかけます。返事はね、日本語では来ない。日本語まではね、まだ習得してないと思うんです。でも、『頑張るわ!』みたいな雰囲気を出す」


高橋による何を言ってるかわからないエピソードの連続と揺るがずそれを信じ切る態度に、松本の心がとうとう折れる。

「もう俺も乗っかったほうが楽やわ。ゾンビみたいなもんや。噛まれたほうが楽。…否定するのがしんどいわ」


松本のツッコミ放棄は、出演者たちに大きな笑いを生んだ。


■視聴者も総ツッコミ

視聴者の中には、高橋のゴキブリ説得エピソードが気になる人は多かったようだ。

誰がどう見てもツッコミどころしかない高橋のエピソード。だが、真面目そうな娘が終始肯定的だったのは印象深い。これは親の感性が基準となっただけなのか、それとも高橋の持つ大女優の説得力に影響されているのか。

ツッコミ不在の母娘の在り方に驚かされるばかりだった。

・合わせて読みたい→『ダウンタウンなう』小手伸也、長澤まさみから「距離感が気持ち悪い」

(文/しらべぇ編集部・モトタキ

あなたにオススメ