加護亜依、辻希美と「今でも仲良い」 今後も一緒に活動を希望

「KISS,TOKYOスペシャルトークイベント」に加護亜依が登場。仕事や東京への思い、家族について語った。

加護亜依

18日「KISS,TOKYOスペシャルトークイベント」が開かれ、ゲストとして元モーニング娘。でタレントの加護亜依が登場。東京への思いや仕事、家族について語った。


 

■今度もやっていきたい

出身は奈良県だが、12歳でのデビュー以来ずっと東京に住んでいる加護。そんな加護にとって、東京は「夢が叶う場所」だという。

加護亜依

「東京に来て19年…人生の半分以上が東京です。若い時は(会場である)109にお世話になって。メンバーとも買い物に来たりしてました」と振り返り、「(3月にハロー!プロジェクトの公演で辻希美と共演し、)すごい楽しかったです。13年ぶりに…東京はやっぱり夢が叶いますね」と微笑む。

そんな辻とは「2人ともお母さんになって。今でも仲、すごくいいです」といい、「まだ未定ですが、今後もやっていきたい」と展望を語る。


 

■得意なのは「定食風」

「KISS,TOKYO」に絡めて、東京の好きな場所を問われた加護は「グループ時代は目黒、卒業後、独身時代は代官山にずっと住んでたんです」が、「最近は浅草が好きで家族デートしてます。『何食べに行こうか?』『天丼行こっか!』って」と、家族ができて好みが変わってきたそう。

加護亜依

そんな仲良しな夫は「主人はお酒、飲めないんです。普段から酔ってるみたいにハイテンションで明るいんですよ。その分、落ち込んだりするとすごい落ちる」んだとか。

加護も「ビールは飲みますけど、何杯もは飲めない」ため、普段の料理は「豚の生姜焼きとかハンバーグ、定食っぽい感じが得意です」とニッコリ。

次ページ
■目標はあの団体!?

この記事の画像(6枚)

あなたにオススメ