ラクしたい思いが強いすぎて… もはや横着になっている人の行動とは

楽をすることを、悪いことだと考える人もいる。しかしできるだけ楽がしたいと考える人は、決して少なくはない。

ライフ

2019/05/20 11:00

ぐうたら
(tuaindeed/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「楽をする」と聞くと、あまりいい意味でとらえない人もいるだろう。しかしできるだけ楽がしたいと思うのは、人間の本質なのかもしれない。


画像をもっと見る

 

■6割以上が楽をしたい

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,732名を対象に、「自分の行動について」の調査を実施。

できるだけ楽をすることを考えることが多いグラフ

「できるだけ楽をすることを考えることが多い」と答えた人は、全体で65.0%と高い割合になっている。


関連記事:お茶出しを「男性社員がしてはいけない理由」とは… 先輩の一言に唖然

 

■仕事終わりの家事は大変なので…

性年代別では、すべての年代で男性よりも女性の割合が高い。

できるだけ楽をすることを考えることが多い性年代別グラフ

共働きの女性が、家事で楽をしたいと思うのは当然だろう。

「うちは共働きだけど、帰りは私のほうが早い。そのため食事の用意は、ほとんど私がやっている。


さすがに仕事が終わってからは手間もかけられないので、疲れたときはスーパーのお惣菜とかで済ませることも多い。夫もそれは理解しているようで、文句は言わないから」(20代・女性)

次ページ
■ベッドの中でずっと過ごす

この記事の画像(3枚)