高校生のクイズ王が決まる! 『ニュース・博識甲子園』第2回の応募がスタート

昨年は埼玉・栄東高校が優勝した「クイズの甲子園」。今年も8月の本選に向けて応募が始まった。

ホビー

2019/05/20 09:20

ニュース・博識甲子園

昨年、初開催ながら全国103チーム・316名の参加者を集め、一躍注目を集めた日本クイズ協会主催の高校生向けクイズ大会『ニュース・博識甲子園』。今年もスマートニュースとZ会の協賛で、第2回の応募がスタートした。


 

■「東大王」も観戦

昨年は、予選を突破した8校(栄東・開成・旭丘・松本深志・川越・仙台第二・福岡・慶應義塾)のうち、埼玉県の栄東高校と東京都の開成高校が決勝に駒を進め、互いに一歩も譲らぬ激戦を繰り広げた。

自らも開成OBで「東大王」としても活躍する水上颯も観戦に訪れ、優勝した栄東チームにトロフィーを授与している。


関連記事:ホリエモンロケットも打ち上げ成功! 夢が広がる「ロケット」トリビアクイズ

 

■予選会場に新潟も追加

今年の予選(ペーパークイズ)は、昨年と同じ札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡に加えて、新潟でも開催。昨年の本選進出校はもちろん、リベンジを狙う各校や、新たなエリアからの参戦にも期待が高まる。

エントリーは3名1チーム。7月15日(月・祝)に行われる予選を突破した上位8校は、8月24日(土)に都内で開催される全国大会に進む。

なお、本選進出校の交通費や宿泊費は、主催者負担となっている。全国大会の模様は、動画配信サービスParaviで放送予定だ。


■全年代向けクイズ大会も同時募集

日本クイズ協会では、高校生向けだけでなく、全年代を対象にしたクイズ大会『JQSグランプリ』も開催。予選は、同じく7月24日に高校生と同じ全国8会場で実施される。

予選上位者によるトップリーグは、こちらもParaviで放送予定とのことだ。

・参考:ニュース博識甲子園JQSグランプリ

・合わせて読みたい→新元号「令和」の典拠にも! 日本初の和歌集『万葉集』クイズ

(文/しらべぇ編集部・盛山 盛夫

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ