池袋暴走事故、87歳元院長の「被害者への手紙」に加藤浩次怒り 「それ言うか?」

『スッキリ』で池袋で起きた87才の元院長の暴走事故に言及。元院長が被害者に送った手紙に触れ、加藤浩次が怒りを滲ませる場面も…

社会

2019/05/20 15:00

目白警察署

4月19日、東京・池袋で母子2人が亡くなり10人が重軽傷を負った悲惨な暴走事故が起きた。

歩行者などをはねた車を運転していたのは、87歳になる旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長。20日放送『スッキリ』(日本テレビ系)では、飯塚元院長が被害者の1人に送った手紙の内容が明かされたのだが、その内容に司会の加藤浩次が怒りを滲ませている。



 

■悲惨な交通事故

東京・池袋で起きた交通事故。元院長の運転する乗用車が道路左側の縁石に接触、約150メートル暴走し2つの交差点に赤信号で進入。時速90キロ台後半まで急加速した車は、通行人らを次々にはねるなどし、2人の尊い命が奪われた。

車に異常は確認されず、警視庁は運転ミスとの見方を強めている。「逃亡・証拠隠滅の恐れがない」との見解を示し、逮捕せずに現場検証などを進めていくという。


関連記事:お茶出しを「男性社員がしてはいけない理由」とは… 先輩の一言に唖然

 

■被害者への手紙

番組では事故に巻き込まれたゴミ収集車の運転手男性に事故から3週間後に届けられた、飯塚元院長からの謝罪の手紙を公開した。

事故を起こした自分を責め、被害者と親族の悲痛な想いを慮りながら謝罪を述べ、「治療費などは私のほうで、保険会社の協力もえて誠意を持って償ってまいりたいと存じます。一日もはやくお怪我から回復されるようお祈り申し上げております」と今後の対応について、怪我の状態を心配する声も綴っている。

次ページ
■加藤の怒りが爆発

この記事の画像(1枚)