『月曜から夜ふかし』 利用率全国最下位の石川県民がインスタをやらない理由が話題に

インスタ利用率全国1位の富山県と、最下位の石川県。その理由は?

エンタメ

2019/05/21 08:30

マツコ・デラックス

21日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で紹介された石川県民が考える「Instagram利用率が低い理由」が話題になっている。


 

■インスタ利用率全国最下位は石川県

番組では「Instagram1番やっている県、1番やっていない県問題」を取り上げる。『月曜から夜ふかし』の調査によると、利用率全国1位は富山県で、最下位はお隣の石川県なのだという。

スタッフが石川県の若者に聞いてみても「やってないです」「うわ、やっべ、俺やってねえ」と回答が。やはり利用している人が少ないようだった。


 

■その理由は前田利家?

気になるのはなぜ石川県民はInstagramをやらないのか。その理由について中年男性は「流行に乗るのがダサい。威厳が高いですからな、石川県はね。昔からね、加賀百万石の気性で」と説明する。

別の中年男性は「昔から新しいものに乗っていかないのが、前田利家のポリシーだね」と一言。加賀の大名・前田利家の生き方が現代に受け継げられているためという見方を示した。

番組はこれを「小京都」と呼ばれる土地柄に掛け「プチ京都プライド」と形容。マツコは「まだ前田利家の生き方に苛まれながら生きてるんだ」と驚きの声を上げる。

次ページ
■シャイな人が多い?

あなたにオススメ