芳根京子、キスシーン直前に志尊淳が食べた物に衝撃 「キツい香りのする…」

芳根京子が『チマタの噺』に出演。志尊淳とお互いが初めてだったというキスシーンの口臭事情を明かした。

エンタメ

2019/05/22 15:00

2016年に放送された連続テレビ小説『べっぴんさん』(NHK)のヒロインを務めた女優、芳根京子が21日放送のトークバラエティー番組『チマタの噺』(テレビ東京系)に出演。

俳優の志尊淳と芳根、共に初めてだったというキスシーンに挑んだときのエピソードを明かした。



 

■キスシーン直前のロケバスで

番組MCの笑福亭鶴瓶から、キスシーンの経験を問われた芳根は「志尊くんとありました」と回答。

芳根と志尊が共に初めてのキスシーンだったと明かすと、鶴瓶は「どないすんねん? キスってホンマに口つけるんやろ?」と重ねて質問する。

キスシーン直前、ロケバスで待機していると、空腹に耐えきれなくなったという志尊。「芳根ちゃん、うまい棒食べていいかな?」と聞いてきたらしく、芳根は「どうぞどうぞ」と答えたそうだ。


関連記事:城田優、俳優Sに「女だったら惚れてる」と本音 「全世界が惚れる」と共感

 

■志尊が食べ始めたのは明太子味

すると、志尊が食べ始めたのは、芳根いわく「けっこうキツい香りのする」明太子味のうまい棒。

「一緒に食べれば同じようなものですね、同じ香りですね」ということになり、芳根も同じ味のうまい棒を食べたあとにキスシーンに挑んだと明かした。

鶴瓶に「それは良かったの?」と問われると、「あんまり覚えていない」としながらも、「緊張がほぐれた覚えはありますね」と、笑いながら話した。


■「変な味」のキス経験者は約2割

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,336名を対象に「キス」について調査を実施。その結果、全体のおよそ2割の人が「キスをしたら『変な味』がした経験がある」と回答している。

sirabee0720setouchikiss002

芳根と志尊が経験した初めてのキスシーン。ファーストキスはレモンの味がした、なんていう甘酸っぱい話を耳にすることもあるが、ファーストキスシーンがうまい棒の明太子味だったという体験をしているのはこの2人だけかもしれない。

・合わせて読みたい→志尊淳、女子力問題について言及 「めっちゃ共感」「わかりみが深い」と称賛相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日
対象:全国20〜60代までの男女1336名

この記事の画像(1枚)