沢尻エリカ、履歴書の写真は“プリクラ” 「芸能界に入った理由」に驚きの声

事務所のオーディションにプリクラを貼った履歴書を出していたという沢尻エリカ。彼女が芸能界に入りたかったシンプルな理由に、多くの反響が寄せられている

窓の外を見る女性
(m-gucci/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

女優の沢尻エリカ(33)が、22日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演。

芸能界に入った理由を明かし、大物アーティストと夢のような出来事に多くの反響が寄せられている。


 

■「安室ちゃん」に会いたくて…

小学6年生の頃から芸能活動をしている沢尻。「当時、安室奈美恵さんのすごくファンで、彼女に憧れて、どうしても彼女に会いたくて…(芸能界に)入れば会えると思って」と、安室さんに会いたい一心でオーディションに応募したことを明かした。

「適当に買ってきたオーディション雑誌のたまたま開いたページに以前所属していた事務所が。履歴書にプリクラを貼って、本当に適当に」と、当時は半ば「ノリ」のような感覚で芸能界の門を叩いたという。


 

■夢が叶った瞬間

黒柳徹子から「(安室さんとは)お会いになりました?」と聞かれると、「会えました」と目を輝かせた沢尻。

あるとき、エイベックス株式会社・松浦勝人代表取締役会長CEOから「今、安室と飲んでるんだけど来る?」との連絡を受け、自宅から西麻布へ急行。憧れの安室さんを目の前にして一緒に食事をすることができたという。

さらに、二次会のカラオケでは安室さんが持ち歌を披露してくれたそうで、「私は夢を見ているようで…」と、言葉では言い表せないほど幸せな時間を過ごせたようだ。

次ページ
■「羨ましい」「素敵…」

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ