男性暴行後、遺体を車に乗せ出頭した親子 事件状況に「子供がかわいそう」の声も

岩手県大槌町で親子が男性を暴行し死亡させるという事件が発生。その後遺体を車に乗せて自首。

社会

2019/05/23 10:20

二人
(Oleg Elkov/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

男性を暴行して死亡させたとして、22日、傷害致死の疑いで岩手県内の会社員の男(38)とその息子(20)の両容疑者が逮捕された。若き親子が起こした痛ましい事件に、ネットからは悲痛の声が相次いでいる。


 

■息子は男性と面識なしか

2人は20日夜から21日昼までの間、同県大槌町の自宅で、父親である男の同僚の男性(55)の頭や胸を殴る蹴るなどして、死なせた疑いが持たれている。

その後2人は21日午後1時ごろ、車で警察に出頭し「暴行して死なせた」と自首。署員が車内から男性の遺体を発見したという。

なお息子は、死亡した男性とは面識がなかったとみられる。そのことから警察は、父親の男との間にトラブルがあったとみて調べを進めているとのことだ。


関連記事:長男に全身打撲のけがを負わせた父親 犯行後の行動に「まだ救いようがある」の声も

 

■「息子は責めきれない」と同情も

事件を受け、ネットからは親子の非道な行為への怒りの声が相次いだが、一部では「責めきれない」「かわいそう」と息子への同情の声も上がっている。

「手伝わせたら息子まで犯罪者になるだろ。一体なに考えてるんだ」


「息子と面識もない人を一緒に暴行させたのか、この父親は。自分のトラブルに子供を巻き込むなよ」


「なんちゅう親子だ…。殺された男性がかわいそうすぎる」


一方で、「息子なら止めに入るべき」と言ったコメントも一部で見られた。


■3割に殺意を抱いた経験

しらべぇ編集部が全国20〜60代男女1,537名に「本気で殺意を抱いたことがあるか」について調査を実施したところ、全体のおよそ3割が「ある」と回答する結果に。男女とも20〜30代にその傾向が強く表れた。

なぜ父親のトラブルに息子も巻き込まれ、殺人に加担することになったのか。周囲に行為を止める人はいなかったのか。様々な疑問が浮かぶ今回の事件。さらなる真相究明が望まれる。

・合わせて読みたい→「父が病気、休ませて」と息子から勤務先へ電話 迎えた「衝撃の展開」に絶句

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年10月19日~2018年10月22日
対象:全国20代~60代男女1,537名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ