渡辺直美の「KinKi Kidsあるある」に同世代女子も納得 「確かにクラスでしてた!」

『今夜くらべてみました』で、同世代女子会を開催。渡辺直美が話した、当時の「KinKi Kidsあるある」に同世代から歓喜の声があがっている。

渡辺直美

22日放送のバラエティー番組『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)で、お笑いタレントの渡辺直美を中心に、87年生まれによる女子会を開催。

その中で話題になった当時の「KinKi Kidsあるある」に、同世代の視聴者から納得の声があがっている。


 

■青春時代に恋した堂本剛

今回の女子会に参加したのは、高橋メアリージュン、辻希美、松本薫、TiA、年齢は1つ上にあたる木村沙織というメンバー。そして、途中からは、渡辺の憧れの存在だった同世代、絢香もビデオ通話でサプライズ出演した。

青春時代に恋したアイドルを比べてみると、渡辺と高橋が名前を挙げたのはKinKi Kidsの堂本剛。高橋は、KinKi Kidsの写真集を手に取り、「どっち派?」とメンバーに問いかけた。


関連記事:高橋英樹、バラエティ進出のきっかけはSMAP 真麻の「草彅好き」発言に中居正広困惑

 

■87年世代は「剛派」が多数

高橋は当時流行していたプロフィール帳を例に挙げ、「(好きな芸能人欄に)剛くんと書いておけば正解」と、いかに「剛派」が多かったかを熱弁。実際、渡辺がどっち派だったか多数決をとると、松本以外は「剛派」と回答した。

また、渡辺も「当時『剛派』が多かった。(プロフィール帳に)光一くんとか書いてる人いたら、『え~!』ってなる」と当時を回顧。しかし、すぐに「(光一に)超失礼」と顔を覆い、「今はどっちも大好き」とフォローを入れていた。

次ページ
■ネットでは「あるあるだった」の声

あなたにオススメ