意識不明の生徒を放置し事実を隠蔽 兵庫・尼崎高校と教育委員会を取材した

続々と体罰が発覚している兵庫市立尼崎高校を取材した

話題

2019/05/24 09:00

教室
(maroke/iStock/Thinkstock)

体罰が続々と発覚している尼崎市立尼崎高校。新たに意識不明の生徒の救護措置を行わなかったという驚くべき実態まで浮かび上がった。しらべぇ取材班は、学校と教育委員会を独自取材を試みた。


 

■意識を失った生徒を…

今回発覚した、バレー部コーチでもある28歳の臨時講師の生徒への傷害行為。教育委員会の調査によると4月29日、生徒の練習中の行為にコーチは腹を立て、10回以上の平手打ちをしたそう。

生徒は崩れ落ち意識を失ったが、それにもかかわらずコーチや監督の教諭は、救急車を呼ぶなどの適切な救護措置を行わなかったという。

生徒は、意識を回復して帰宅。その後、夜間に救急病院に行き、翌日は医師の指示で耳鼻科を受診。診断は、脳しんとう、顔面打撲及び左鼓膜裂傷という大けがを負っていた。


関連記事:女子生徒とのキスが6年越しでバレた高校教師 その経緯に驚きの声

 

■学校の隠蔽と判断

監督、コーチの体罰は常態化していたようだが、こういった事実を「学校は隠蔽していた」と教育委員会が判断。

校長は体罰の実態を把握していなかったと教育委員会の聞き取りに答えたという。これに加えて先日は同校野球部でも体罰が発覚した。

次ページ
■「生まれ変わらなければならない」

あなたにオススメ