チコちゃんが”世界で2番目に足が速い動物”を紹介 「けもフレの再現」と話題に

『チコちゃんに叱られる』で世界に2番目に早い動物を紹介。けものフレンズで見たことがあると話題に

エンタメ

2019/05/25 06:45

チコちゃん

24日に放送された『チコちゃんに叱られる』(NHK)で、扱われたテーマのひとつ、「足が2番目に速い動物は?」の調査結果が、ネットで話題となった。1番足の速い動物といえばチーターを答える人は多いだろうが、2番目の動物を知っているだろうか?


 

■「プロングホーン」

世界で2番目に足が速い動物は「プロングホーン」であるとチコちゃんは紹介した。プロングホーンは北アメリカに生息する動物で、その見た目はヤギに似ている。しかしチーターにも劣らないパワーが備わっているようだ。

チーターは瞬発力に長けた動物で、瞬間最高速度は時速110kmと言われている。しかし、持久力がなく400mほどしか全速力で走ることができないという。

プロングホーンの瞬間時速は96kmと言われているが、驚くべきはその持久力。時速70km以上を保ちながら、6kmを超える距離を走り続けることができるのだ。


関連記事:珍獣ハンター・イモトアヤコの印象は? 国民の3割がアスリート視していることが判明

 

■チーターを絶滅させた?

現在、プロングホーンは北アメリカに生息しており、チーターはアフリカに生息しているため、出会うことはない。しかし、数十万年前チーターは北アメリカにも生息していたという。チーターの獲物となっていたプロングホーンは、チーターから逃げるために足が速くなったようだ。

プロングホーンの足が速くなりすぎた影響でエサがなくなり、北アメリカのチーターが絶滅してしまったと解説。現在の北アメリカにはコヨーテ、ボブキャットといった天敵がいるが、この2種類は足があまり速くないため全力で走る必要がないようだ。

次ページ
■「けもフレで見た!」

あなたにオススメ