愛が欲しいと切望する恋愛体質に苦言 「依存しているだけ」との声も

寂しい気持ちになったときには、誰かの愛が欲しくなることもあるだろう。どのような人が、愛を求めているのだろうか?

男女

2019/05/26 20:00

(monzenmachi/iStock/Thinkstock)

悲しいことやつらいことがあったときには、誰かに慰めてほしいと思うものだ。しかし慰めてくれるような相手がいないために、さらに寂しい気持ちになることもあるだろう。


 

■「愛が欲しい」半数近く

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,732名を対象に、「愛について」の調査を実施。

愛が欲しいと感じることがあるグラフ

「愛が欲しいと感じることがある」と答えた人は全体で48.8%と、半数に迫る高い割合になった。


関連記事:工藤静香、ハヤシライスを手作り 写り込んだ「トマトの値札」に衝撃

 

■若い女性は愛が欲しい

性年代別では、10代から20代の女性が高い割合になっている。

愛が欲しいと感じることがある性年代別グラフ

若い女性の中には、恋愛に対して憧れを持つ人もいるだろう。

「仕事で疲れて帰っても、一人暮らしの家には誰もいない。そんな日々を繰り返していると、精神的に疲弊していく。


甘えたり愚痴を言ったりするような相手がいれば少しは気持ちが変わるかもしれないけれど、忙しくて出会いもなかなかないから」(20代・女性)

次ページ
■恋愛体質はもちろん愛が欲しい

この記事の画像(3枚)