髪型で未婚か既婚かわかる? ヘアースタイルは大昔からこだわり抜かれていた

顔の印象を大きく左右させる髪型。こだわりのある人は、どのくらいいるのだろうか?

ライフ

2019/05/26 19:00

(Koji_Ishii/iStock/Thinkstock)

ショート、セミロング、ロングなどなど、髪型には様々なスタイルがある。最近では、顔の形をデータで取り込んで似合う髪型を探すことができるアプリも。髪型によって、人の第一印象は大きく変わる面もあるため、とても大切だ。


 

■古代から人は髪型にこだわりを持っていた

今でこそ、髪型は自分の好みや、見られたい印象で自由に変えることができるが、はるか昔は、権力や民族の象徴、役割を示すなど、時代や場所によってその意味は異なる場合もあった。

例えば、弥生時代や古墳時代の男性は、はにわなどで見られる「ミズラ」が主流であり、なかには身分の高い人がしていたと言われる「ミズラ」のタイプもあったそうだ。また、古代中国では、未婚か既婚かで、髪型を変えることもあったといわれている。

地位や民族などで髪型を変えるということは、現代日本では珍しいが、「こだわり」という点では古代も現代も気持ちは一緒なのではないか。


関連記事:髪の毛サラサラ女子は男性に大人気! 「清楚そうに見えるだけ…」と文句の声も

 

■髪型にこだわりのある人は2割

そこで、しらべぇ編集部が、全国10~60代の男女1732名を対象に調査したところ、「髪型にこだわりがある」人は、全体の21.7%。雑誌などで様々なヘアースタイルを紹介していることから、こだわる人は多いのかと思いきや、わずか2割という結果だった。

髪型調査

男女別では、男性は16.4%、女性は26.3 %と、女性が約10ポイントも高い結果だ。女性は髪型だけではなく、メイクやファッションなどトータルでおしゃれに対する意識が高いためだろうか。

次ページ
■10代男性は髪型重視?

この記事の画像(3枚)


あなたにオススメ