丸山桂里奈、なでしこ時代の裏側告白に騒然 「アスリートとして考えられない」

『おぎやはぎのブステレビ』元なでしこジャパンの丸山桂里奈が、ロンドン五輪の決勝戦でウォーミングアップをしなかったことを告白した。

丸山桂里奈

27日放送の『おぎやはぎの「ブス」テレビ』(AbemaTV)に元サッカー女子日本代表の丸山桂里奈が出演。2012年のロンドン五輪決勝でやらかした経験を語った。



 

■五輪決勝でウォーミングアップせず

番組では「ブスにバチが当たりました」をテーマにトークを展開。ロンドン五輪の決勝でサブとして出場していた丸山は、「ウォーミングアップをして出るより、(ベンチから)そのまま立ち上がってゴール決めたらかっこいいじゃないですか。だからまったくウォーミングアップしなかったんですよ」とまさかの告白をした。

案の定、試合でまったく動けなかったようで、結果は1-2で敗北してしまう。


関連記事:ブルゾンちえみ、丸山桂里奈に「恥部」を見られ赤面 「恥ずかしいと思った」

 

■「プロのアスリートとして考えられない」

すると試合後は「澤(穂希)さんに超怒られて…」とたっぷり絞られたようで、「だからサッカーの神様ってバチを与えるんだな」と当時をしみじみと振り返った。

丸山の五輪の決勝試合とは思えない姿勢に、おぎやはぎの矢作兼は「プロのアスリートとして考えられない話だもんね。そんなやつがオリンピックに出たりワールドカップで優勝してるメンバーって信じられないよね」と呆れ、相方の小木博明も「プロ失格だよ」とコメントした。

丸山の告白に、ネット上では「マジで言ってるの?」「ありえない」と驚きの声があがっている。


■調子に乗っていた時期がある人は…

「かっこいい」との理由で、大切な五輪の決勝戦をウォーミングアップ無しで挑んだ丸山。それだけ、自分のプレーに自信があったのかもしれない。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,363名に「ものすごく調子に乗っていた時期があるか」について調査したところ、約4割が「経験あり」と回答している。丸山が調子に乗っていたのかはわからないが、当時を振り返って「ミスだった」と感じているのは事実のようだ。

調査に乗っていた時期があるグラフ

バラエティ番組などで天然ぶりを発揮している丸山だが、そのキャラは現役時代から変わっていなかったようだ。

・合わせて読みたい→ブルゾンちえみ、楽しそうな写真のからくり告白 「恥ずかしいやつ」と注目集まる

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代の男女1,363名(有効回答数)