県立高校バドミントン部顧問が生徒にわいせつ行為の疑い 教育委員会・学校を直撃

今度はバドミントン部の顧問が生徒にわいせつ行為の疑い そして口裏合わせ…

話題

2019/05/29 06:00

バドミントン
(ViktorCap/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

教師の不祥事の連鎖が止まらない。今度は岐阜県の高校バドミントン部の顧問が、生徒にわいせつ行為をした疑いが出てきた。しらべぇ取材班は、教育委員会と学校を直撃した。


 

■GW中の部活で

問題となっているのは、岐阜県立岐阜各務野高校のバドミントン部の顧問。ゴールデンウイーク期間中に部活を終えた後、自分の車内で女子生徒の足や胸を触るなどのわいせつ行為を行った疑いが持たれている。

教育委員会は、現在詳細な調査を進めている。取材に対して担当係長は「校長が教諭からの聞き取りを終えており、その報告は教育委員会にあがってきている。他の生徒にも同様の被害がないか調査中」と回答した。


関連記事:卓球部顧問に「殺すぞ」と言われた女子中学生が自殺 教育委は第三者委員会を設置へ

 

■また隠蔽体質か

校長から上がって来たのはどんな内容なのかという質問に対しては、「答えられない」と係長。この事実が分かったのは、今月7日。そこから20日以上経過している原因について尋ねると、「いろいろな人から事実を聞き取りしている最中」と答えた。

続いて高校の教頭を取材したところ、「調査中と答えることになっている。それ以上は私の立場からは言えない」と、教育委員会からの指示で口裏合わせをしている事実が分かった。現在高校教諭は学校には来ておらず、県教委の研修を受けている。

次ページ
■ネットでは厳しい声