「就活セクハラ」男性も2割が被害者に 「やばくないか…」とネット騒然

連合は28日、『仕事の世界におけるハラスメントに関する実態調査2019』という資料を公開した。

社会

2019/05/29 17:20

面接官
(bee32/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

就職活動中の学生が被害にあっている「就活セクハラ」。日本労働組合総連合会(略称:連合)が公開した資料に掲載されたある調査が話題になっている。


 

■男性も約2割が被害に

連合は28日、『仕事の世界におけるハラスメントに関する実態調査2019』をホームページに掲載。調査結果を見ると、男性の21%が「就職活動中にセクシュアル・ハラスメントを受けたことがある」と回答したことが記されている。

また、女性が受けたセクハラ被害として、「性的冗談」「執拗な誘い」「身体への接触」などが挙げられており、中でも「性的冗談・からかい」については人事担当者が加害者となっているパターンが多いようだ。

日常生活へのダメージも大きく、就活中にセクハラを受けた人の38%が「就活のやる気喪失」、14%が「人と会うのが怖くなった」という結果が出ている。


関連記事:工藤静香、ハヤシライスを手作り 写り込んだ「トマトの値札」に衝撃

 

■「やばくないか」「終わりだな」

ツイッターでは「就活セクハラ」というワードがトレンド入り。多くのユーザーがこの件について自身の意見を発信している。


■セクハラを感じたことがある人は…

しらべぇ編集部では、過去、全国20代〜60代の男女1,664名を対象に「セクハラ」について調査を実施。その結果、全体の33.4%が「異性からの言動がセクハラだと感じたことがある」と回答した。

約3人に1人がセクハラの被害を受けていると考えると、かなり深刻に感じるのではないだろうか。

また、この結果を男女別に見てみると、男性は19.5%、女性は47.2%と約30ポイント女性が上回っている。

男女関係なく、被害を訴えることが難しいセクハラ問題だが、厚生労働省や法務省では、セクハラ対策の資料やガイドラインが公開されている。目を通す人が増えると、加害者が減り、それに伴い被害者の数も減るかもしれない。

・合わせて読みたい→買い物をしていたらレジの女性店員が… 「ありえない一言」に言葉を失う

(文/しらべぇ編集部・稲葉 白兎

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年12月14日~2018年12月17日
対象:全国20代~60代の男女1664名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ