女子高生を尾行し、スカートめくった26歳男性教諭 その動機に「マジか…」と震撼

埼玉県所沢市の公立中学校に勤務する男性教諭が今年1月に起こした尾行&スカートめくり事件。その動機は「彼女がおらず、孤独感があった」というものだった・

社会

2019/05/30 17:20

(AlexLinch/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

埼玉県所沢市にある公立中学校に勤務する男性教諭(26)が、女子高校生を尾行し、スカートをめくったとして、懲戒免職になったことが判明。

教職者とは思えないその行動と、警察に対して語ったとされる内容に、ネット上では驚きの声が相次いでいる。



 

■尾行の末、スカートをめくる

埼玉県の発表によると、当該教諭が問題の行動を起こしたのは平成31年1月23日午後5時頃から7時頃にかけて。

男性教諭は自家用車で都内の駅に向かうと、そこで見かけた女子高生の後をつけて電車とバスを乗り継ぐなどして尾行。さらに、下車後は徒歩で後をつけ、同日午後7時頃、路上で同女子高校生のスカートをめくったという。

女子高生が警視庁に被害を訴えたことで発覚し、今年3月に逮捕されていた。


関連記事:女子生徒とのキスが6年越しでバレた高校教師 その経緯に驚きの声

 

■「彼女がおらず孤独感から」尾行

なお、注目すべきは教諭が警察に対して語った内容。当時彼女がおらず、また出会いもなく孤独感があり、仲良くなりたいと思った結果、尾行に及んだというのだ。

なお、教諭がわざわざ都内にまで足を運んだかと言うと、被害にあった女子高生が通う学校が、ネットのまとめサイトで「かわいい子が多い」と書き込まれていたことが理由とのこと。

次ページ
■「怖すぎる」「二度と教師に戻るな」