自撮り画像を巧みに修正 美人やイケメンさえ顔画像を加工する理由とは

SNSなどにアップされる画像の多くは、修正が加えられている。自撮り画像にも、修正を加えている人がいるが…

テクノロジー

2019/06/03 11:00


 

■修正しすぎないほうがかわいいのに

自撮り画像を修正しすぎるのは、不自然だとの意見もある。

「まったく知らない人でも、『これはかなり修正した画像だな』ってわかるものをよく見かける。気持ちはわかるけれど、あまりに人工的だとかわいさがなくなるのに。


美白効果とかもほどほどにしといたほうが、自然な雰囲気が出ていい感じになる。それでもやっぱり、自分が追い求める完璧な加工にしてしまうのだろうね」(30代・女性)


関連記事:池田エライザ、加工前と加工後の自撮りを公開 「無加工でこの美しさ?」と絶賛の声

 

■容姿に自信があっても修正

容姿に自信がある人は、3割もの人が画像の加工技術に自信を持っている。

自撮り画像の加工技術は高いほうだと思う傾向別グラフ

容姿がいいと思っているならば、修正の必要はなさそうな気もするが…。

「私は自分の容姿に自信がないので、自撮りはほとんどしない。改めて画像で自分の顔を確認すると、あまりのイケてなさに落ち込むから。


その点、美人やイケメンの人たちは、自撮りには慣れている。修正するのは、さらに自分の理想を追い求めているんじゃないのかな?」(20代・女性)


加工のしすぎで、鏡に映る顔が信用できなくなる人がいないか心配である。

・合わせて読みたい→Matt、“ほぼ無加工”の写真に驚きの声 「加工大好き人間だけど…」

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年2月1日~2019年2月4日
対象:全国20代~60代自撮りしたことがある男女773名(有効回答数)

この記事の画像(4枚)