「悔しくて悲しくて涙が溢れた」 料亭への「総額7万円の嘘の予約」に非難殺到

京都の料亭オープン初日に悪質嫌がらせ行為 被害にあった店主を直撃

話題

2019/06/04 19:00

飲食店の無断キャンセル。経産省によると、この無断キャンセルによる飲食業界の損害額は、年間2,000億円にものぼると言われている。その悪質な無断キャンセルが、京都の料亭のオープン初日に起こった。しらべぇ取材班が怒りに震える店主を取材した。


 

■推定50代男性の落ち着いた声で…

被害にあったのは、京都市にある「東寺 こまどり」。店主の岡田さん(22)に当時の状況を詳しく聞いた。

オープンの日の3日、推定50代男性から「何人くらい店に入れるか」との問い合わせが入ったそう。その後、同じ男から「7,000円のコースで10人の予約をとっておいて。よろしく」と再び電話が入る。


 

■「残念で涙が溢れた」

しかし、予約の時間過ぎても男は現れず、おかしいと思った店主が控えていた携帯番号に連絡すると「この番号は現在使われておりません」というアナウンス。ちなみに予約時の電話は非通知であった。

この予約のために料理を準備し、他のお客さんが来ても断る予定だったそう。岡田さんは「残念で悔しくて悲しくて涙が溢れた。他の方に二度とこのようなつらい想いをしてほしくないので、この件のツイートを行った」と話す。

次ページ
■「驚きと感動と笑顔」がコンセプト

この記事の画像(2枚)

あなたにオススメ