悲喜こもごもだった2019年の10連休 「来年も欲しい」か聞いてみると年代で意識に差が…

改元の影響で10連休となった2019年。2020年も欲しいと思う?

ライフ

2019/06/06 12:00


 

■若者は連休を欲している

「来年も10連休がほしい」と答えた人を年代別に見ると傾向が。

10代の割合がかなり高く、60.7%となっている。学生の多い世代は、仕事のしわ寄せが関係ないだけに思いっきり遊ぶことができる。来年も10連休がほしいと考えるのは当然か。

一方60代以上は18.0%と極めて低い割合に。こちらも10代同様定年退職などで仕事をしていない人も多いと思われるが、どこに行っても人が多く、ざわざわとしている連休を好まない傾向が強いようだ。


関連記事:働く大人が求めるのはどっち? 「連休」vs「離れた休み」

 

■欲しい人の声は?

「来年10連休は止めてほしい」と答えるのはSさん(30代・男性)だ。

「居酒屋で働いています。もちろん連休中は毎日出勤。今年は普段のゴールデンウイークより忙しく、その状態が連日続いた。明日が休みだと飲みに行きたくなるみたいで…。


店は儲かるでしょうが、給料が増えるわけじゃないし、時給もたった500円増し。友だちと遊べないし、『やってられない』という感じでした。しかも世間は全員が休んでいるかのように同調圧力を掛けてくるし。あんな思いは、もうしたくないです」


関連記事:働く大人が求めるのはどっち? 「連休」vs「離れた休み」

 

■欲しい人の声は?

一方来年も「10連休が欲しい」と答えるのは30代のYさんだ。

「10連休はギリシャに行って、歴史と伝統を感じながらゆっくりと過ごすことができた。海外旅行は時差ボケ解消も含めて長期連休しか行けないと思っているので、本当に10連休があってよかった。


来年もあったら嬉しいですね」


「来年もほしい」と思うか否かは、今年の「過ごし方」に左右されるようだ。

・合わせて読みたい→10連休明け、満員電車に悲鳴相次ぐ 「人間の乗り物じゃない」「シンプルに地獄」

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年5月17日~2019年5月22日
対象:全国10代~60代の男女1721名 (有効回答数)

この記事の画像(3枚)