杉良太郎が運転免許証を自主返納 「ちょっとでも不安があったら検討を」

妻・伍代夏子にも相談すると「いいんじゃない」とアッサリ承諾。

社会

2019/06/07 18:45

杉良太郎

俳優で歌手の杉良太郎(74)が7日、東京・鮫洲運転免許試験場を訪れ運転免許証を自主返納した。昨今の高齢ドライバーによる交通事故が多発していることに触れ「自主返納について考えていただくきっかけになれば」と話した。


 

■前回の更新時に返納を決意

杉良太郎

警察庁の発表によれば、2018年に運転免許証を自主返納したのはおよそ42.1万人。2年連続で40万人を超えるなど自主返納についての意識は高まっているものの、75歳以上の免許保有者の自主返納率は5%と低い水準。

今年8月に75歳を迎える杉は「70歳の更新の時に受けた講習で『この次は更新できるかな』と思った。歩いたり階段を上ったりすることに支障はないけど、運転することは別。反応が以前とは違うなと感じ、次は返納しようと決めました」と自主返納を決意したきっかけを語った。


関連記事:テリー伊藤、高齢者の免許返納に異論 強硬な姿勢に「返納の難しさ見た」の声も

 

■不安があったら返納を

杉良太郎

免許証を返納するにあたっては、妻・伍代夏子にも相談したそうで「うちは『いいんじゃない』とあっさりしたもので、妻は免許の更新を忘れて失効しているものですから、今は夫婦揃って免許証はないです」と反対は無かったことを話した。

高齢ドライバーの起こす事故についても触れ「こういう年になって、相手の人を傷つけたりして刑務所に入るのはできないでしょう。生きて出てくることも難しい。家族とも話し合って、ちょっとでも不安があったら返納したほうがいい」と呼びかけた。


■代わりにもらえる「運転経歴証明書」

杉良太郎

この日、運転免許証を返納し「運転経歴証明書」を受け取った杉。こちらは身分証明書としても利用できるほか、「運転はしないけど、免許証は身分証明書として必要」という人も安心して返納することができる。

また、タクシーやバスなどの公共交通機関の優待券、一部のホテルやレストランの料金が割引されるなどといった、各自治体ごとに異なる様々な特典を受けられるメリットがあるそうだ。

・合わせて読みたい→中川翔子、初めての運転シーン公開 「乗っている車」に驚きの声

(取材・文/しらべぇ編集部・びやじま

この記事の画像(5枚)


あなたにオススメ