買い物中、中年の男性が声をかけてきて… まさかの依頼に「ゾッとする」

「入院中の娘の下着を一緒に選んでほしい」 買い物中、不審な男から声をかけられた女性は、どう対応すべきか悩んだという。

ライフ

2019/06/08 16:20


 

■「不審者かはわからないけど……」

この投稿に対し、他のネットユーザーからは「その男性が不審者かはわからないが、いずれにせよ店員に任せるべき」という意見が相次ぐことに。

「下着なら病院の売店にあるよね?」


「それはついて行ったらあかんやつ」


「普通なら店員さんに相談すると思う」


「不審者かはわからないけど、そういうのは店員さんに任せるのが正解でしょ」


「人の善意につけ込むのは、最低だよね」


「本当なのかわかんないけど、ゾッとするね」


恐怖を感じた人も少なくなかったようだ。


関連記事:「だっせぇー」「こんな情けないやつおる?」 京都に現れた不審者の言動に失笑の声相次ぐ

 

■不審者に声をかけられた経験者は…

男性の話が事実だった場合、「なんの罪もないのに、不審者だと疑ってしまった」となり、自分が悪者になってしまう今回のエピソード。親切な人ほど、対応に悩んでしまいそうだ。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,537名を対象に「不審者の声かけ」について調査したところ、「不審者に声をかけられたことがある」と回答したのは、全体の28.4%。

不審者に声かけられた

およそ3人に1人が声をかけられたこととなり、決して少なくはない数値と言えるだろう。

もっとも、コメントでも指摘されていたように、仮に男性が本当に娘の下着を求めていたとして、それを一緒に探す相手は店員であるべき。そのほうが適切な買い物ができることを考えると、相手のためにも断るのが吉ではないだろうか。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・倉本薫子

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年10月19日~2018年10月22日
対象:全国20代~60代男女1,537名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)