霜降り明星、番組スタッフから裏で呼ばれていたあだ名にショック 「どんなコンビやねん!」

『霜降り明星のオールナイトニッポン0』で、霜降り明星のせいや・粗品が番組スタッフから影で言われていたあだ名を明かした…

霜降り明星

7日深夜放送のラジオ番組『霜降り明星のオールナイトニッポン0』(ニッポン放送)で、霜降り明星のせいやと粗品が、ある番組スタッフから裏で呼ばれていたあだ名を知りショックを受けたと明かした。

2人の個性をあらわした「的確なあだ名」にリスナー間では大きな反響が起きている。


 

◼おばちゃんスタッフの本性

各仕事でスタッフや作家とチームを組み「信頼関係を築いてきた」霜降りだったが、別番組に移動することになった同番組のスタッフに対して「とんでもないヤツだった」と語り始める。

「悪党…まではいかないけどとんでもないヤツ」というそのスタッフは、表向きは謙虚で弱々しい、番組のマスコット的なおばちゃん。しかし裏では、マッシュルームヘアの不健康そうな作家のことを「色白キノコ」と呼ぶなど口が悪い一面があったという。

さらにこのスタッフが、ずっと一緒に仕事をしてきた霜降りの2人にも驚きのあだ名をつけていたことが判明したのだ。


関連記事:霜降り明星、憧れの『エンタの神様』の裏側に驚愕 ネタ終わりにまさかの…

 

◼2人のあだ名は…

せいやが「めちゃくちゃ笑った」という自身のあだ名は「子供」。「一緒にロケとかしてんのに『子供はこのロケしてたらはしゃぐでしょ』とか言われてた」と知り、軽くショックを受けたことを明かす。

対して「天狗くん」と呼ばれていた粗品は「誰が天狗くんや!」とヒートアップ。「ネットで言われるのはイイけど、初めて関係者に天狗って言われたわ」と笑いながら、「天狗と子供ってどんなコンビやねん」とツッコミが止まらなかった。

次ページ
◼リスナーも納得

あなたにオススメ