『情熱大陸』が女性柔術家に密着 「スポンサーついてほしい」と一層の活躍を願う声

『情熱大陸』(TBS系)では、女性柔術家に密着しここだけの話を聞いた。

湯浅麗歌子
(画像は湯浅麗歌子氏公式ツイッターのスクリーンショット)

9日に放送された『情熱大陸』(TBS系)では、女性柔術家の湯浅麗歌子氏に密着。密着する中で、様々な物を自費でまかなう湯浅氏の姿が視聴者の間で注目された。


 

■サポートするスタッフなしでも

湯浅氏は、間近に迫る世界選手権の準備を進めていた。なお、湯浅氏にはサポートするスタッフがいないという。長すぎる道着の袖をミシンで自ら詰め、スポンサーのステッカーを縫い付ける湯浅氏。しかし、スポンサーとはいえ金銭の支援はない。

湯浅氏は道着について「私の商売道具というか自分で着る物なので、せっかくだったら自分でやりたい」と語り、作業を続けた。


 

■ストイックなルール

湯浅氏は、練習メニューや食生活を自分自身で考えコントロールしている。大会前は減量に入るため、一日一食かつ1,000キロカロリー未満と決めているそうだ。

左手で食事をする理由を尋ねると、湯浅氏は「柔術のため」と返答。湯浅氏によると、2019年は食べ物を食べる時は左手で食べると決めているそう。

次ページ
■「環境が変わりますように」と祈る声も

この記事の画像(2枚)

あなたにオススメ