4年間のいじめで追い込まれた児童の悲鳴 教委・学校のずさんな対応も明らかに

信じられない教育現場の実態が明らかに しらべぇ取材班が独自取材すると…

話題

2019/06/11 07:40

 

■緊急事態発生

そんな中、9日夜遅く父兄が児童が自殺をほのめかす文を発見。この文の写真の提供を受けたしらべぇ取材班が学校の校長に朝一番でこの件を伝えた。

校長は「今日も児童が欠席しており、父兄に何度も連絡しているが電話が繋がらない」と回答。しかし、校長が何度も連絡しているという事実は確認できなかった。

父兄が教育委員会にこの件を問い合わせたところ、「校長が『被害児童から父兄が入院した』と聞いたと主張している」という。一方、児童は「校長にそんなことは言っていない」と両者の主張は真っ向から食い違っている。


関連記事:サッカー名門・前橋商業で「体罰・救護放棄・隠蔽」 学校・教委への取材で見えてきた背景とは

 

■教育委員会への信頼度は低い

信じられない教育委員会・校長が存在した。しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,732名を対象に調査したところ、全体の56.9%が「教育委員会は信頼できない」と回答している。もっとも割合が高かった10代女性では、じつに65.8%に及んだ。

教育委員会調査

平気で嘘をつくような校長に教育現場を支える資格はない。関係者には、児童の安全と命を最優先にした対応を望みたい。

・合わせて読みたい→小6女児が複数児童から暴力 心をえぐる「もう死ねば」発言に怒りの声

(文/しらべぇ編集部・おのっち

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
2019年3月22日~2019年3月27日
全国10代~60代の男女1732名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)


あなたにオススメ