加藤浩次も思わず「本当にファンなの?」 一部ファンの過激な行動にドン引き

11日放送の『スッキリ』で、一部ファンによる過激な行動を紹介。その内容にドン引きする人も。

エンタメ

2019/06/11 13:30

加藤浩次

11日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で、俳優・ミュージシャンの福山雅治の一部ファンが撮影現場などに駆けつけるといったマナー違反の行動を取り上げた。

同時に、一部ジャニーズファンによる過去の不適切行動も取り沙汰されたが、その行動内容にドン引きする視聴者がいたようだ。


 

■エキストラ当選者が悪用

福山の公式サイトが9日、「【大切なお知らせ】ファンの皆さまへのご注意とお願い」と題し、一部ファンの不適切行動に対し注意喚起を行ったことを番組は紹介。

撮影現場のほか、エキストラの当選者がSNSに撮影現場などを教え、当選していないファンによる現場での滞在なども問題になっているという。


関連記事:加藤浩次「心臓の薬飲んでる」 スタッフとの会話が放送され騒然

 

■スタッフにエアガン発砲

このほか、以下のような一部ファンによる過激な行動も紹介。

「アイドルの自宅前で寝泊まり」


「スタッフにエアガン発砲」


「白タクで追いかけ」


「グッズを求めて猛ダッシュ」


白タクは、国の営業許可を取らずにタクシー業務を行う違法行為。コンサート会場などで、タクシーのフリをして芸能人を待ち伏せし、自宅付近にまで追いかけるのだという。

エアガンについては、2017年9月にジャニーズ公式サイト「Johnny’s net」で、スタッフに対しエアガンを発砲する事例が実際に起きていると記載。エアガンにはMCの加藤浩次も思わず「ほんとにファンですか?」と引いた様子だった。

次ページ
■ドン引きの声

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ