不登校ユーチューバーに小学生が真っ向から反論 発言に「正論だ」と称賛の声

不登校ユーチューバーで「少年革命家」を自称するゆたぼんくんに、同学年のYouTuberが真っ向から反論。

エンタメ

2019/06/13 05:45

「学校に行きたくない子は行かなくていい」「人生は冒険だ」などのメッセージを発し、賛否両論を巻き起こしている自称「少年革命家」の不登校ユーチューバー・ゆたぼんくん。

そんな彼について、同学年のユーチューバー・U10(ゆーと)くんが動画で言及。その様子が話題になっている。


 

■ゆたぼんくんに徹底反論

「ゆたぼんくんの動画を引用しつつ、それに対してU10くんが反論していく」というスタイルのこの動画。

たとえばゆたぼんくんが「僕は1年前くらいに学校に行かなくなりました。家でYouTubeアップしたり、箕輪(厚介)さんに会いに行ったりして、全然不幸と思いませんでした。むしろ楽しかったです」と言うと、U10くんは「学校も少し工夫したり、みんなと遊んだり、慣れてきたら楽しいよ」と持論を展開。


関連記事:森三中・村上知子に異変? 『ヒルナンデス!』視聴者から「なにかあったのかな?」

 

■宿題についても持論

次にゆたぼんくんが「なんで不登校になったかと言うと、周りの子たちがロボットに見えたからです」と言うと、U10くんは「先生は僕らより年が上で、今までの経験から『こんなことをしたほうが良かった』とか『こんなものを子供たちにはやらせたくない』とか思って、先生は僕らのために宿題やりなと言ってくれる」と自身の考えを述べる。

そして、「苦しんでるとか宿題で、言ってるけど、はやく宿題終わらせて、『やっと遊べる! やったあ!』っていう喜びがあれば、物凄く嬉しいから」と、宿題があることで遊びがよりいっそう楽しくと訴えた。

次ページ
■「結構考えてるんだな」と反響

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ