ヒカキン、毎月の光熱費に肩落とす ファンからは「意外と安い」「節約家」との声も

ユーチューバーのヒカキンが、3月の光熱費を公開。高いと思いきや意外と安い(?)金額に、反響が相次いだ。

エンタメ

2019/06/13 12:30

HIKAKIN

ユーチューバーのヒカキン(HIKAKIN)が12日、自身のメインチャンネルである「HikakinTV」を更新。毎月の光熱費を明かし、その金額に衝撃が広がっている。


 

■高すぎる光熱費を公開

5年以上前から口座引き落としにしているため、毎月光熱費やスマホ代にいくら使っているのかずっと見ていないというヒカキン。そこで、現在2部屋借りている高級マンションの、3月の光熱費を明かしていく。

まず最初に公開したのが「水道代」の5,624円。ヒカキンいわく、快便なのと、お風呂が大好きで毎日湯船に浸かっていることが理由と推測されるそう。


 

■ガス代の驚異の高さ

そして次に公開したのが「ガス代」で40,989円。年間の料金かと思うほどの高さだが、全部屋床暖房の影響が大きいとヒカキンは推測。しかし、これでもその部屋を使うときだけ、その部屋の床暖房を入れるという、「ドケチ」な使い方の結果だと言う。

最後に明かされたのが「電気代」で19,834円。ガス代を聞いた後だと一瞬安く思えるが、冷静に考えてかなり高い。コンビニ飯などを電子レンジで温めることや、部屋のライトが大きいことなどが原因ではないかとヒカキンは推測。ユーチューバーである以上、ある意味仕方のない出費か。

結果、この3つを合計すると、その金額は66,447円。これに対し、ヒカキンは「10分の1くらいだと思ってた」「たっけ~」と肩を落としたのだった。

次ページ
■「意外と安い」との声が相次ぐ

あなたにオススメ